地域ごとの味比べは楽しいけど大変

地域ごとの味比べは楽しいけど大変

関東と関西でカップうどんの味が違うという話は時々話題になりますが、インターネットが普及するかなり前に実際に試そうと当時単身赴任していた父の家に行った帰りにそのカップうどんを二つほど買って持ち帰り、家に帰ってから同じ銘柄のカップうどんを買って食べ比べてみたことがあります。

たしかに微妙に味が違っているのですが、商品自体に劇的な違いがあるわけではなかったので、どちらも普通においしく、結構サイズの大きなカップめんを新幹線で持ち帰る手間の割には話のタネにするのが限界かなと言うのが正直な感想でした。

現在は関東版と関西版のカップうどんはインターネットで買えなくはないようです。また、ペットボトル入りの天然水も同じブランドで水が採れる産地が違うものがありました。

分布範囲がかなり広かったため、二種類ほど飲むことは出来ましたが、同じ場所で飲むことは出来ず味比べはできませんでした。

このような地方によって差のある商品を探すのが好きで、缶コーヒーや缶ジュースなどには様々な地域限定品があります。静岡駅近辺の大型駅では缶入りのお茶が非常に様々な種類が売られており、五本ほど飲み比べたことがありますが、甘みや渋みなどがそれぞれ違っていてなかなか面白かったです。

また、東北地方の缶入りのリンゴジュースはどれもとてもおいしいのですが、同一メーカーで4種類味を変えているものがあり、これも味を比べたことがあります。微妙ですが確かに味や飲みやすさは違っていました。缶ジュースの飲み比べは楽しくはあるのですが、1本250ccを4本と考えても持ち運びがそれなりに重くなってしまうことと、飲む量がどうしても多くなってしまいがちなことが大変なところです。

地域ごとの飲料で最も種類が細かくあるのが牛乳で、同一の製品ながらジュースの数倍は種類があるのではと思われるぐらい各地での銘柄が異なっています。

実際の味比べは1Lある牛乳を各地で複数種類を買い集めて飲み比べるということになるので、現実的に不可能に近い大変さではと思います。

imadoki

プライベート重視なイマドキの人たち

何歳くらいの人たちからそういう傾向になったのかは分かりません。

思い起こせば、自分の時代でもそういう類の人たちがいなかった訳ではないのですが、やはり今の時代の方が圧倒的に多い気がします。

「プライベート重視な人たち」

私が大学卒業して就職したのは今から10年以上前。書きながら「ほぇ〜もうそんなに経つのかぁ〜」などとのんびりと考えていました。

そう考えると、昔の人の発想なのかもしれません。まだまだ仕事重視だった私たちの時代。学校を卒業したら就職することが当たり前で、入社後は終業後の時間を翌日の仕事のために費やしていました。今では法律が許さないかもしれませんが、毎晩夜中までの残業や締めの時期は25時回ることも、会社に泊まり込むこともありました。

そんな生活だったので、頭にあるのは常に翌日もきちんと定時に出社することでした。

色々と辛いことや面倒なこともありましたが、楽しい働き盛りの年齢を過ごしていた様に思います。

楽しい時間を、仕事をする時間の中で見出すことができていたのです。数回の転職と、家庭の事情で働き方を変えてきている私には、まだ一回り以上若い人たちや新入社員の人たちとの出会いがあります。その中で感じたことは、冒頭で述べたような「プライベート重視な人たち」のなんと多いことかということです。

折角の体力と様々なことを吸収する有り余る力を、何故仕事にフル活動させないのでしょう。就職していたとしても、就業後に何をして遊ぶかかということばかり考えているようです。残念ながら、自分から積極的に業務に関わり幅を広げていくという動きは見られません。また、就職はせずに遊ぶためにアルバイトでお小遣い程度を稼ぐ若者も身近にいます。

見聞きしているだけで勿体なくてたまらない思いです。今頑張っておけば将来も開けたものになるのに、そのような若者たちは逆の発想で「今楽しければいい。将来のことは将来考える」というもののようです。

下手なことを言うと「意識高すぎー」とからかわれてしまいますw

しかし、そのような若者が存在することは私たち世代の責任でもあるかもしれません。

若者の傾向がこうなってきてしまっている以上、いかに仕事を楽しく、やりがいのあるものと思わせて彼らを導いていけるか。そういう先輩世代の力が今は必要なのかもしれません。

あっ、イマドキイマドキと書いていて思い出した。

いまどきブログの管理人さん、元気でやってるのかな。

ブログ検索。。。

カタカタ。

おぉ〜いた!

まだ元気でやっているようです。よかった。安心しました。

忙しくて最近遊びにいけなかったけど、この時期になってようやく落ち着いてきたので、また遊びにいきますねぇ〜