パーツ交換は楽しい。タイヤ、ホイールは交換すると目に見えて走りが変わる

パーツ交換は楽しい。タイヤ、ホイールは交換すると目に見えて走りが変わる

ロードバイクを購入して特有の姿勢に乗り慣れてくると色々パーツを交換したくなってきます。

ステムを変えてハンドルを遠くしたりサドルを変えたりコンポーネントをグレードアップしたり等。上を見ればキリがありません。

走行距離も伸びて来ると、もっと楽に速く走れるようになりたいと思う気持ちが芽生えて来ます。

スプロケットやチェーンリングを交換して登り坂を楽に登れるようにするのが定番ですがタイヤの交換は磨り減ってからという人も多いのではないでしょうか。

購入初期で付いているタイヤは小売りのタイヤと比べ重くグリップも高くないのですが耐久力はあるのでしばらく交換出来ずに居る方もいらっしゃるでしょう。タイヤの交換は乗り心地や漕ぎ出しがガラッと変わります。1本5000円クラスのタイヤに交換したら軽くなり驚くほど走りが軽くなりますよ。これより上の価格帯はレース専用に近いタイヤなのでパンク耐性などは犠牲になってしまいます。

軽いタイヤは総じてハイグリップなのでコーナーでの安心感も得ることが出来るのでお薦めです。

タイヤとホイールを交換すると見違える
タイヤとホイールを交換すると見違える

登りが辛くて少しでも楽したいという方はタイヤにも拘ってみると少し楽になります。あまり軽いと今度はパンク性能が気になってしまうのでとにかく軽いのが欲しいか、それともバランスを取るかは悩み所です。交換するタイヤによって推奨空気圧も変わるので自分の好みの乗り心地に合わせて調整しましょう。

ホイールの交換はタイヤ交換よりも一気に軽くなります。ですが値段が張りますのでおいそれと交換に踏み切れる方はいないかと思います。前後セットで数十万円もするので場合によっては車体よりも高く付いてしまいます。ですがそれを補って余りある効果をもたらしてくれます。車輪外周部の軽量化は単純に車体を軽量化した際の数倍の効果があると言われてます。自分も実際に交換したのですが坂が物凄く楽になりました。

いつも足を付いていた坂が登れるようになったどころかギアを上げて登って行ける位に。平地を走っていても交換前と同じ速度で走っていたら心拍数もゆとりが出て来ました。漕ぎ出しもフロントをアウターに入れたまま出来るようになり正直恐ろしい位です。

パーツ交換して走って一番実感出来るのがタイヤ、ホイールの交換です。

フレーム交換も非常に違いが分かりやすいのですがホイール同様高額なのに加え一度全パーツを付け替えないとならないので手間が掛かってしまいます。

ですが1度カーボンフレームに交換してどのくらい乗り心地が変わるのか試してみたいですね。

ロードバイクもいいですが、そろそろサイクルジャージを既成のものからオーダーにチャレンジしようかと思っております。そんなわけで最近はサイクルジャージオーダー時の注意点などの情報をネットで検索したりしています♪

ロードバイク

そういえば最近ロードバイクに興味があるって話し

車が大好きで大好きで仕方がない私ですが、最近、友人の影響からかロードバイクってやつに興味があります。

以前は、「なんか速そうな自転車」というだけでしたが、友人の話しを聞いている内にいつしか「私も買おうかなぁ」と思うようになってしまいました、、、

ロードバイクを買うなら、サイクルジャージも是非ほしいですねw
基本的に私は昔から見た目から入るタイプですw

で、買って満足することもあれば、そこからさらにハマっていくこともあります。もともとカーキチの私はちょっと出かけるだけでも車ですからね。なんというか、歩かないんですよね(苦笑

それがロードバイクを買えば、運動の機会が増えるじゃないですか!

健康のためとはいえ、ウォーキングでどこか歩くといっても、大して遠くにもいけないし、私の性格上すぐに飽きてしまいそうです。まぁ、遠くに行くことがウォーキングの目的ではないことは百も承知ですが。。

ロードバイクであれば、結構遠くまで行けますよね、きっと。それがなんかこう、イメージが広がるんですよね。ブワッと。

ピタッとしたサイクルジャージにヘルメット、そしてあのサングラスみたいなのを装着して風のごとく颯爽と、みたいな。

うん、悪くなさそうです。

まずは、ロードバイクとヘルメットとサイクルジャージを購入してみましょうかね。何をどこで買えばいいのかはよく分かっていないので、私がこうなったきっかけを作ってくれた友人氏に同行してもらおうと思っています。

それはそれで楽しみですが、正直なところ、良いイメージだけ膨らむ一方で、「アイタタタッ、、、」と筋肉痛に悶絶する自分も見えたり見えなかったり。

まぁ、物は試しということで、始めてみましょうかね。