ホタルの光を次世代に

ホタルを見なくなった

みなさんは、近年ホタルの光を見ましたか?

私はここ10年ぐらい、ホタルの光を見た記憶がありません。

子供の頃だと、夜に近所の小川へ行くとホタルの光を見られたんです。シーンと静まり返って、虫の音だけが聞こえて来る中、ホタルの光を眺めるのは最高の癒しでした。そんな癒しが、今は見れなくなっているんです。

1児の母親となった私は、ホタルの光を子供に見せてあげたいと思い小川へと行きました。懐かしい場所、思い出の場所を歩くのはとても楽しい気持ちになります。ですが、そんな気持ちはすぐに打ち砕かれてしまいました。

小川にはホタルが一匹も居なかったのです。タイミングが悪かったのかと思い、残念ながらその日は帰宅することにしました。そして、近所の人にホタルの話をしたところ、ここ数年はホタルが一匹も見られなくなっているのを知りました。

ホタルはきれいな水がある場所にしか生息出来ないようです。近所の小川は少し前から水が汚くなり、水の臭いもきつくなっていました。たぶん、これが原因でホタルが居なくなったのだと思います。

川の水が汚れたのは、人間がゴミを捨てたり汚水を流すからです。自然への配慮が足りない一部のせいで、ホタルの命が失われてしまっています。あんなに美しい光なのに、もう見られないのかと思うと切なくなります。それと同時に、子供にあの感動を教えてあげられない虚しさも感じます。

ただ、何もしないでグチグチ言うだけなのは誰でも出来ます。そう言うのは私の性には合わないので、何か出来ないか考えてみようと思います。市役所に川をきれいにする対策をしてくれないかお願いしてみます。それから、川の汚れを取り除く水草とかも有志を募って植えてみようと考えています。生態系とか荒らさないように調査しなきゃいけないですね。

何年先になるか分かりませんが、いつかまたホタルの光を見られるようにしたいです。子供が大人になるまでに、一緒にホタルの光を見るんです。

そして、私の孫もホタルの光が見られるように、環境を大切にしたいです。

fukutuu

過敏性大腸炎

熊本大地震、すごいですね。
こういうとき、自分の無力さを痛感します。。。

私は子供の頃から腹が弱いです。

その上に、精神的なことが重なるとより腹が悪くなります。幸いに痛みはないのですが、トイレに通うことが多いです。家にいる時はほとんど現れない症状ですが、風邪ひとつひいても腹がやられます。

そういう今もトイレ通いの最中です。

昼前から悪寒がし、午後は安静に寝ていたのですが発汗が始まると共に、腹が壊れました。どうしてこんなに腹が弱いのか、情けないです。この腹の弱さが、精神的なことに直結しています。

緊張したり、焦ったりすると必ず腹にきます。

この症状を持つ人は結構いるそうです。

ストレス社会が生み出したものかもしれません。

私は発熱などには割と強いのですが、腹をやられることが一番苦になります。だから精神的なストレスを感じた時に腹にくるんですね。朝の通勤電車などは1番苦手です。だから私は会社に近いところに住んでおり、極力長時間の電車通勤を避けています。

あとは会議などで自分の発言の時など、緊張でトイレに駆け込みたくなります。

なるべく事前にすませて、あとは我慢ですが。このような状態から抜け出したいために、自律神経をコントロールする訓練も経験しました。

しかしなかなかうまくコントロールできなくて現在に至っています。今度座禅や瞑想を体験したいと思っています。この病気は自分に負けているのが原因ですから、己に勝つための訓練が必要かと思います。同じような症状で病院に通う人も多いようです。

薬で抑えられるものなのでしょうか。。。

だったら私も病院に行きますが。

なるべく薬に頼らず、自分自身で解決しないと一生このままになってしまいます。

それはやはり嫌なので、乗り切る方法を見つけたいです。
過敏性大腸炎で痛みのある人もいるとか。

そんな方はやはり病院に行くべきでしょうね。